エクササイズ・ボディワーク

単純に体の各部位すべての可動性を上げればいいと考えるのではなく、各部位が本来持つ機能を考えて柔軟性を作っていく。

何をストレッチするのか意識する。多くの人はストレッチをやっているように見せているだけでほんとうにストレッチしていない。

最近高齢者の方の自動車事故が大きくクローズアップされるようになってきました。事故のニュースを聞くたびに、「どうして車が暴走してしまったのか?」と考えてしまいます。
まずはじめに2−3週間の基礎作り期間を作る。これはスプリント(短距離走)からなり、テンポ・ラン(全力の8−9割)と隙間のウォークを組み合わせる。
 機能的な筋力を評価するにあたっては、できるだけ本人の体重を利用した評価法をするのが原則である。...

 スポーツの多くでは、必要なのは敏捷性とパワーである。  1980年代、スポーツに科学の力を取り入れ始めたとき、大きな失敗があった。というのは、実際にスポーツに取り組んだことのない運動生理学の専門家に頼ってしまったのだ。  まずアスリートにテストを行い、その結果を分析し、結論を引き出す。これが彼らのやり方だ。...

家庭医のロッジ博士と元患者のクロウリー氏の共著。いかに有酸素運動と筋トレが健康を改善し、実質的な若返り効果を得られるかを書いています。

過去20年で、トレーニングの世界はよりファンクショナルな方向に変わってきている。両側を同時に使うバーベルを中心としたプログラムから、片側性で、ダンベルやケトルベルを使用するものに変わってきている。

 ピラティスさんの著書です。表紙の写真はピラティスさん自身で、中の解説写真も自らがモデルになっています。  この肉体を見てもピラティスさんが有言実行の人だったことがわかります。また、ボディビルダーと同じでストイックな人だったのではないでしょうか。...

新スポーツのための機能トレーニング マイケル・ボイル著

さらに表示する