松ぼっクリ通信 · 19日 9月 2020
年齢を重ねると、若いころよりあちこちが痛くなるものです。痛みを理解し、上手に判断の材料に使えば、必要以上に恐れることなく、仕事をし、スポーツを楽しみ、自分のやりたいことをする手助けになるはずです。

松ぼっクリ通信 · 25日 8月 2020
考え方一つで、良くも悪くも見える、いや、実際に良くなったり悪くなったりする。たくさんの患者さんを診ていると、はっきり気づかされるのは、気の持ちようってホントにあるんだなあということです。

松ぼっクリ通信 · 12日 8月 2020
3月の緊急事態宣言発令から2,3か月たった頃から、下半身の関節痛を訴えてクリニックを訪れる患者さんが増えてきました。

松ぼっクリ通信 · 08日 8月 2020
からだをさわることで、ふだんどれくらいからだを動かしているか、どういう生活をしているか、おおよそのことがわかります。そうすると、オヤジたちのからだはカタイ!弾力がナイ!

リフティング(ロス・オブ・コンタクト)とクリーピング(ベントニー)は競歩の二つの規則違反:ロス・オブ・コンタクトとベント・ニー)を表すことばである。どのような練習を積もうとも、競歩をするからにはこの二つの規則違反の問題は避けて通れない。

このように工夫すればだれでも正しいポジションでやれるのだ。ときには壁や柵を使えば、からだの硬い人でも正しいストレッチができる。

松ぼっクリ通信 · 27日 7月 2020
やや浅いところにある筋肉も紹介します。浅いと言っても厚い脂肪パッドの奥にあるのは同じです。たくさん歩く仕事をする人、地面をけったり踏ん張るスポーツをする人に現れやすいトリガーポイントです。

松ぼっクリ通信 · 27日 7月 2020
わかってみれば、たいしたことではない、そんなに診断も難しいことではないのですが、てくびが痛いという患者さんに、「痛みの原因はここの筋肉ですよ」とお話しすると、びっくりするか、(はあ?)という顔をされます。

松ぼっクリ通信 · 10日 7月 2020
足裏の痛みで困っている人は少なくありませんが、筋肉が原因のケースが多いことはあまり知られていません。ここではゴルフボールを使った足のセルフケアをお話しします。

松ぼっクリ通信 · 11日 6月 2020
 コロナ緊急事態宣言のあいだ、みなさんはどう過ごされていたでしょうか?体力が落ちた。どこかが痛くなった。もう年のせいか?いろいろ考えてしまいますね。でも、あきらめずにトレーニングにとりくめば意外なくらい体力が上がってくるかもしれません。

さらに表示する