ブログカテゴリ:ウォーキング



松ぼっクリ通信 · 10日 9月 2019
両足をそろえてまっすぐ立ちます。両うでを胸の前で交差させて、右手で左肩、左手で右肩をつかみます。ここでどちらかの足を持ち上げて片足立ちになります。

松ぼっクリ通信 · 23日 8月 2019
歩き方のちがいなど、ふだんのくらしでは、たいしたことではないかもしれません。でも、5年後、10年後は? 大きなちがいになるかもしれないのです。

8月11日、栃木県の塩谷町で行われたウォーキング大会に行ってきました。

ハムストリングのストレッチはウォーキング・競歩をするときにとても大切です。からだが硬い人でもこまめにやっていれば少しづつやわらかくなります。

今日はほんとうに久しぶりのハイキングです。高麗駅から20分くらい歩いて日和田山のふもとに取り付きます。

健康のために競歩をしている場合でも、規則に沿ったテクニックを習得するように努めるべきである。運動能力を高めようとして審判に妨げられることほどうっぷんのたまることはない。審判をだますことは問題外だが、あらゆるスポーツの歴史に規則違反がある以上、競歩の場合も規則を意識しなければならないのだ。しかしながら高速で歩くことが必ず規則違反につながるわけではない。

 見通せる限りの将来においてわたしは競歩を続けるつもりである。この夏は近隣の州のレースにいくつか参加した。
 そもそもレースがやれそうだから、競歩に興味を持ったのだ。きつい練習をしてもケガはしそうにないし、がんばればメダルをとるのも夢ではない。レースが近づくと、がぜんやる気が出て練習に励むわけだ。
 練習やストレッチの所で述べたように本やネットの情報を見ると、ケイデンスを上げたり柔軟性を高めるいろいろなドリルがみつかる。
 競歩の技を磨こうと思ったとき、3つの点を考慮した。より良いテクニック、より距離を踏むこと、より速く歩くことだ。優先事項はテクニックだ。

さらに表示する