松ぼっクリ通信

松ぼっクリ通信 · 23日 3月 2020
それでは、どんな治療をしていたのだろう?というと、これが意外とシンプルなものでした。

松ぼっクリ通信 · 08日 3月 2020
典型的な「生兵法はけがのもと」でしたが、本人にしてみれば笑い事ではなく、ほんとうに死ぬんじゃないかと思いました。「家庭の医学」を読み込むうちに不安をふくらませてしまったのです。今回はからだの症状そのものより考え方を扱います。

松ぼっクリ通信 · 26日 2月 2020
 「痛いときは、歩くのをひかえてください。」「年のせいだから、だいじにしてね。」  こんなふうにいわれた方はいるでしょうか?わたしは、こういう説明がキライです。

松ぼっクリ通信 · 10日 2月 2020
18歳のときスキーで膝をひねって以来、左下肢の重苦しい痛みが残っていました。35歳のときにストレッチを始めて半年たったころ、痛みが消えていることに気づきました。

松ぼっクリ通信 · 24日 1月 2020
(アーカイブ;2006年1月号より) ジョニー・ケリーの物語 「走るってことは、わしにとっちゃ生き方そのものなんだ。歯を磨くようなもんだな。」...

松ぼっクリ通信 · 06日 1月 2020
立つ。すわる。歩く。走る。誰もがあたりまえにやっている動作にも、意外なくらい個性があります。動きの個性の中には、ときにからだの故障につながるものがあります。そこで一度自分の体の動きをしっかりと味わってみると、新鮮なおどろきがあるかもしれません。

松ぼっクリ通信 · 30日 12月 2019
帰省した娘と話をしていたら「ズボンはなぜズボンという?」という話が出ました。スマホでさっと検索すると、ポルトガル語のジュポン(女性の長下着)が語源なのですね。...

松ぼっクリ通信 · 12日 12月 2019
腰痛や肩こりに限らず、ちょっとした体の痛みの相談のうち、かなりの数が筋肉に原因のある痛みであって、マッサージやストレッチで良くすることができるのを実感したからです。 でもクリニックで治療できる時間は限られますから、やり方を患者さんに覚えてもらって家でやってもらうと大変効果的なのです。

松ぼっクリ通信 · 14日 11月 2019
医療がどんどん精密になり、一人のお医者さんがすべてをカバーしきれなくなったためですが、それがいいこともあればこれは?と思うこともあります。今回は若かったころの経験をもとに少しだけお話ししましょう。

松ぼっクリ通信 · 29日 10月 2019
でこぼこの草地を走っていたときです。「イテッ!」と思ったら、左のふくらはぎがひきつれて走れなくなってしまいました。

さらに表示する