松ぼっクリ通信

松ぼっクリ通信 · 06日 1月 2020
立つ。すわる。歩く。走る。誰もがあたりまえにやっている動作にも、意外なくらい個性があります。動きの個性の中には、ときにからだの故障につながるものがあります。そこで一度自分の体の動きをしっかりと味わってみると、新鮮なおどろきがあるかもしれません。

松ぼっクリ通信 · 30日 12月 2019
帰省した娘と話をしていたら「ズボンはなぜズボンという?」という話が出ました。スマホでさっと検索すると、ポルトガル語のジュポン(女性の長下着)が語源なのですね。...

松ぼっクリ通信 · 12日 12月 2019
腰痛や肩こりに限らず、ちょっとした体の痛みの相談のうち、かなりの数が筋肉に原因のある痛みであって、マッサージやストレッチで良くすることができるのを実感したからです。 でもクリニックで治療できる時間は限られますから、やり方を患者さんに覚えてもらって家でやってもらうと大変効果的なのです。

松ぼっクリ通信 · 14日 11月 2019
医療がどんどん精密になり、一人のお医者さんがすべてをカバーしきれなくなったためですが、それがいいこともあればこれは?と思うこともあります。今回は若かったころの経験をもとに少しだけお話ししましょう。

松ぼっクリ通信 · 29日 10月 2019
でこぼこの草地を走っていたときです。「イテッ!」と思ったら、左のふくらはぎがひきつれて走れなくなってしまいました。

松ぼっクリ通信 · 17日 10月 2019
すなわち「力を抜く」とは、なめらかにハンドルを回し、絶妙のタイミングでアクセル・ブレーキを踏むことと考えるとわかりやすいと思います。

松ぼっクリ通信 · 17日 9月 2019
いろいろな道具や機械を買うと、取扱説明書がついてきます。書かれたとおりに使えば壊れにくく、長持ちするのですからだいじな情報です。私たちのカラダにもトリセツがあったら、どんなふうなのかな?とチャレンジしてみました。

松ぼっクリ通信 · 10日 9月 2019
両足をそろえてまっすぐ立ちます。両うでを胸の前で交差させて、右手で左肩、左手で右肩をつかみます。ここでどちらかの足を持ち上げて片足立ちになります。

松ぼっクリ通信 · 30日 8月 2019
 たしかに慢性の病気ってあります。高血圧だって、糖尿病だってそう。だったら、腰痛だって慢性でおかしくないでしょ?  うん、そのとおり。といいたいけれど、ここのところをもうちょっと考えてみましょうか。
松ぼっクリ通信 · 23日 8月 2019
歩き方のちがいなど、ふだんのくらしでは、たいしたことではないかもしれません。でも、5年後、10年後は? 大きなちがいになるかもしれないのです。

さらに表示する