ボディワーク・手技療法勉強会のページ

ごあいさつ

 

 平成8年以来、第2・4火曜日の夜に主に手技療法を中心とした勉強会を開いています。

 医療職(医師・PT・OT・ナース・柔整・あはき師等・学生含む)向けに、自由参加・予約なしで、海外の本を読み、手技の練習やエクササイズの実技を行っています。

 

 H31年度からは、これまでの洋書の勉強会に加え、体の各部位の触診から治療までの一連の手順を学習するハンズオンを行う予定です。一つ一つの手技を学ぶのではなく、実際の患者さんの問題点を識別・評価して、適応を考え、治療法を選択する。これを参加者同士で実際に行います。

 

 触診を練習すれば、どんどんいろいろなことがわかってきます。動きの質や組織の状態を評価することは触診でしかできないことです。触診の技術を磨いていけば、今まで自分が思っていたよりもはるかに多くの情報を得ることができます。

 

 皆さんの多くはスマホをお持ちだと思いますが、スマホにはGPS、音声認識その他、おどろくほどのハードウェア上の機能が内蔵されています。しかしながら、このすべての機能を使い切っているユーザーはそんなにいないはずです。

 

 同じように私たちのからだにも、皮膚や筋膜組織内の膨大な感覚受容器とそこから脳に至るまでの複雑な神経ネットワークが内在しています。しかしこの「ハードウェア」をフルに使い切っている人もまたいないはずです。

 

 触診のトレーニングをして技を磨くということは、スマホ上の「触診アプリ」のバージョンアップをするのと同じです。はじめのころは、アプリもまだ未完成で、バグの修正が必要です。使えるようになればなったで、アプリの問題点が明らかになってきて、さらに修正が求められてきます。

 

 ハードウェアとしての私たちのからだは、最新のスマホよりはるかに高性能ですが、搭載されているアプリはまだまだなことが多いのです。からだの潜在的な機能を利用するアプリは、ボールを投げるアプリ、味をみわけるアプリ、発声をコントロールするアプリなど無数に存在します。この勉強会では、「運動器・軟部組織の触診アプリver1.」をダウンロードし、、使用法を練習していきたいと思っています。

 

 主催者側とすると、準備等ちょっと負担が増えるかな?と思っていますので、5月からは第2火曜の午後7時半より9時くらいまで、月一回で行いたいと考えています。

 

 

準備するもの

 基本的に身一つで結構ですが、お互いのからだを使って練習しますので、動きやすい衣服がいいでしょう。ジーンスなど厚手の生地だと触診が難しい(できないわけではない)ので、やわらかく薄手の生地のもののほうがいいでしょう。女性の方は、スカートではなくパンツのほうがいいと思います。

 

 資料代として今まで一回100円をいただいていました。どの程度の資料を準備するか考え中ですが、ワンコイン(500円)を超えないようにするつもりです。

 

 

スケジュール

原則 第2火曜日 19:30-21:00 に予定しています。

(2月11日は憲法記念日ですので、2月のみ第3週18日に予定しています。)

 

天変地異・主催者側の事情等により中止する場合、できるだけ早くこのページに告知いたします。

 

2019年3・4月は予定どおり第2・第4火曜日に行います。

 

カレンダーの「ボディ」と書いてある日が予定日です。

 

完全な自由参加なので、各回の出欠はとりませんが、資料準備のため初回の参加のときにご連絡いただけると助かります。下記のお問い合わせフォームを利用してください。

ハンズオンの予定

 以下は努力目標です。進捗ぐあいで臨機応変に変えますが、トータルでは一年で全身の評価ができるようにするつもりです。

 

4月 頭頸部

5月 上肢近位

6月 上肢遠位

7月 頭部から上肢の連携

 (8月は休み)

9月 骨盤

10月 下肢近位

11月 下肢遠位

12月 骨盤から下肢への連携

 

1月 腰椎

2月 頸椎・胸椎

3月 姿勢指導

使用中の資料について

 H31年3月の時点では以下の資料を使用しています(準備は不要)

 

 

トリガーポイントセラピー・ワークブック

 

一般の人向けに書かれているが、内容は詳細かつ分かりやすい。セルフマッサージのくふう、実際の治療例が豊富に書かれていて、プロにもぜひ!おすすめです。

 

 

 

ニューファンクショナル・トレーニング・フォー・スポーツ

 

トレーニングをもっと効果的にするために。単なる筋トレではなく、スポーツにも生活にも役立つトレーニングを指導するための一冊。

お問い合わせ・ご連絡はこちらへ

高野台松本クリニック 03(5372)7773